秋田錦牛 かづの牛

秋田県の注目ブランド牛「秋田錦牛」と「かづの牛」の味わいや特徴

牛

松阪牛や神戸牛など、日本全国にブランド牛は存在し、それぞれに大勢のファンがいます。
そんなブランド牛ファンに今注目されているのが、秋田県で展開されている「秋田錦牛」と「かづの牛」です。

 

「秋田錦牛」とは

 

「秋田錦牛」とは、当時肉質日本一と言われた「栃錦号」にちなんで名づけられた名であり、黒毛和牛で昭和50年代に初めて販売され、当初は秋田県内での販売が主でしたが平成11年には商標登録され、全国展開が開始されました。

 

程よい甘さと、深みがあり、かみごたえがある赤みが特徴で、肉色は淡く、きめ細かいです。
黒毛和牛とは牛の品種の一つで、日本では一番飼育数が多い品種となっています。

 

「かづの牛」とは

 

「かづの牛」とは南部牛とショートホーン種を掛け合わせてできた品種です。
秋田県鹿角地域は鉱山の町として知られ、中でも尾去沢鉱山は日本有数の産出量を誇りました。

 

そんな鉱山地域で物を運んだり、引いたりする仕事をしていたのが南部牛でした。
その力強さと肉付きが注目され、明治期にショートホーン種と交配させ食肉用として改良したのが「かづの牛」となったのです。

 

その特徴は引き締まった赤みで、カロリーが低く、タンパク質が豊富に含まれる肉質です。
固さがあり、噛めば噛むほど味が出ると言われています。
このかづの牛は希少種で、和牛に占める割合は1パーセントにも満たないといいます。

 

 

秋田錦牛とかづの牛の美味しい食べ方

 

秋田錦牛の食べ方としてお勧めなのは「ローストビーフ」です。牛肉本来のうまみを存分に味わう事が出来ます。高級牛肉の凝縮された味わいローストビーフを通販

 

このローストビーフにはわさびをつけてお醤油で食べると更にうまみが引き出されます。
こちらは通販で購入するか、秋田県内の飲食店でも食べられます。

 

かづの牛は先述の通り希少なので、食べられるところは限られています。
首都圏では扱っている所はほぼありません。

 

そのため、かづの牛の故郷である秋田県鹿角市で食べることをおすすめします。
そちらではレストランやホテルなどかづの牛をつかった料理を提供するところがあります。おすすめはステーキです。

 

「秋田錦牛」と「かづの牛」秋田の厳しい自然で育てられた牛を存分に味わってください。