外国産牛肉 特徴

外国産牛肉(オーストラリア産・アメリカ産など)の特徴。国産牛の違いは

最近では、スーパーマーケットなどで、たくさんの外国産牛肉を見かけることが多いです。
これらの外国産牛肉の違いについてよく分からないという方はとても多いのではないでしょうか。
実際に食べ比べて評価をしている人は少なく、たとえば、食べ比べずに値段だけで判断をしているという方も多いです。

 

日本では現在、牛肉のほとんどを外国からの輸入肉に頼っているといえるでしょう。
その全体の約60%が輸入の牛肉となっていて、40%が国産牛という割合になっています。

 

また、これらの内訳ですが、ほとんどの6割以上が、オーストラリア産の牛肉であり、その他の2割がアメリカ産です。また、その他にも、カナダ、ニュージーランド、そしてメキシコなどからも輸入されているという状況となっています。

 

これらの外国産牛肉は全て混同されがちですが、実はそれぞれ、味などにも特徴があり、飼育方法にも違いがあります。

 

オーストラリア産牛肉の特徴

 

最も多く輸入されている、オーストラリア産牛肉ですが、こちらはのびのびとした牧場において、飼育されているというのが特徴です。
自然に育つ牧草が餌となっているということもあり、自然に近い飼育がなされているのが特徴です。

 

安いコストで、品質管理がなされているというオーストラリア産牛肉ですが、牧草などを主な餌としているので、独特な臭みがあるのが、デメリットとなります。
また、赤身が多くなるため、少し固めになるというのもデメリットです。

 

アメリカ産牛肉の特徴

 

しかし、これと比較して、アメリカ産牛肉には臭みがありません。
アメリカでは、主に牛の餌として穀物を使っているという特徴があります。

 

このため、オーストラリア産の牛肉の臭みが苦手という方の場合、アメリカ産牛肉を選んだ方が美味しくいただけるという特徴があります。

 

また、アメリカ産は、常にスーパーマーケットなどで特売されているということもあり、コストが非常に安いというメリットがあります。
元々、アメリカは肉食ですので、それだけ消費量が多く、肉の値段が安いという特徴があります。

 

霜降り肉が嫌われているということもあり、上質な赤身肉を作る研究などが行われていることも大きな魅力です。
そのため、日本の国産牛よりも脂肪分が少なく、ヘルシーであるというのも大きな違いになります。

 

国産牛の特徴

 

また、これと比較して、国産牛は、牛小屋で飼育されているというのが特徴です。
餌は穀物をはじめとした、とうもろこしやふすまなどが与えられています。
加熱すると甘く、そして香りが良いという特徴があります。

 

わらに詳しくこちら:国産牛と和牛の違いをご存知ですか?