牛肉 サッパリ食べる

牛肉をサッパリ食べたいときのトッピングや味付け方法

gyuniku-sappari

牛肉はそれほど脂っこいわけではありませんが、それでも肉であることにかわりありませんので、部位や調理によっては胃腸にちょっと重たく感じてしまうこともあります。

 

20代など若いころならまだしも、30代40代などの中年にさしかかってくると胃腸への負担はどうしても気になるものです。

 

そこで、牛肉を料理するとき、できるだけサッパリさせることを意識して料理することが大事になってきます。

 

同じ牛肉でもトッピングや味付けを工夫することで肉らしさを良い意味で控えめにおさえ、食べやすくすることができます。

 

つまり、トッピングや味付けを工夫すれば、脂っこさをほとんど感じることなく牛肉を食べることが可能です。では、実際にどのようなトッピングでサッパリ食べれるようになるかご紹介します。

 

サッパリ食べる牛肉レシピ3選

 

大根おろしとの組み合わせ

 

牛肉料理をさっぱり食べるようにするトッピングや味付けは、いくつかあります。
それらの中で最もよく知られているのかもしれませんが改めて挙げておきたいのは、牛肉と大根おろしの組み合わせです。

 

大根おろしは、牛肉料理にトッピングすることで牛肉特有の力強い面をマイルドにしてくれます。
フワッとした大根おろしは辛味が抜けていると甘さすら感じます。大根おろしと一緒に牛肉料理を食べれば、中高年でも箸が進みやすくなります。
また、食後胃もたれしにくくなりますし、アクセントとして非常に優れているのが大根おろしです。

 

ポン酢をつけて食べる

 

また、味付け面で工夫するなら、ポン酢を上手に活用していくのも効果的です。
ポン酢は何にかけてもサッパリさせてくれる万能な調味料ですが、もちろん牛肉料理の味付けにも役立ちます。

 

ポン酢で味付けをすることによって食べたときに爽やかな香りと風味が口の中に広がりますので、ギトギトした脂っこさを打ち消してくれることが期待できます。
ポン酢なら他の料理で使うこともあるでしょうし、冷蔵庫に常備しているケースも決して珍しくありません。
最後にポン酢で仕上げることによって比較的上品な味にもなりますし、誰でも簡単に使えるところが嬉しい点です。

 

酸味のある食材を使う

 

さらに、夏野菜のトマトを使って煮込んでみたり、レモンをくわえて見たりなど、サッパリとした酸味のある食材を使っていくと食べやすくなります。
酸味のある味が全体的に苦手という人にもおすすめできないですが、そうでないなら牛肉料理に使うことで脂っこさをだいぶおさえることができます。

 

牛肉はそれなりに味がついてさえいれば食欲が出てくる食べ物ですし、酸味を加えてサッパリさせるぐらいがバランス的にちょうど良いです。
ですので、大根おろし、ポン酢、トマト、レモンなどを使えば、牛肉をよりいっそう気持ち良く食べられます。

 

⇒ 美味しい牛肉を通販するならこちら