牛肉 部位

牛肉の部位について解説。部位を知ればより美味しい

牛肉の部位をどれくらい知っていますか?
知らずに食べるのと、知って食べるのでは食の楽しみや美味しさが違ってきます。

 

ここでは、牛肉の部位を詳しく解説します。
今まで何となくお肉を食べていたなら、部位を知ってより一層美味しくいただきましょう。

 

牛肉の部位は、農林水産省が制定した食肉小売品質基準によって、主に、【肩・肩ロース・リブロース・サーロイン・ばら・もも・そともも・ランプ・ヒレ】の9つに分類されます。

 

部位

 

前足の付け根にある肩甲骨の外側における部位を指します。
よく運動する部位のため、筋が多く、肉質自体は硬いです。
その崩れにくい特徴を活かして、長時間煮込むカレーやシチューといった煮込み料理に適した部位であります。

 

肩ロース

背骨の両側に沿っている部分のうち、頭とばらの中間にある部位を指します。
肩より脂肪分が多いため、薄切りにしてすき焼きやしゃぶしゃぶ、焼肉等の料理に適した部位であります。

 

リブロース

肩とサーロインの間にある部位を指します。
肉質は大変やわらかく、筋も少ない上に、霜降りが入るほどなので、サーロインと同じくらい高級肉として扱われる部位になります。
そのため、ステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶ等の肉本来の味を楽しむことができる料理に適した部位であります。

 

サーロイン

リブロースに続いている背中側の部位になります。
リブロースと同様に、肉質が大変やわらかく、霜降りが入るほどなので、高級肉として扱われる部位になります。
肉を切る際に大きさのそろった切り身が取りやすいことと、肉本来の味を楽しめることから、ステーキに最も適した部位であります。

 

バラ

赤み肉と脂肪が交互に層をなしているお腹の部位になります。
角煮やポトフ等、型崩れしない料理に適した部位であり、薄切りにして牛丼や焼肉でも使用することのできる万能性に優れた部位になります。

 

もも

牛肉の中で、最も脂肪分が少ない部位になります。
高たんぱく、低脂肪であるため、健康を意識しつつも牛肉が食べたい方という方にとってはおすすめの部位になります。
ローストビーフとして使われることの多い部位になります。

 

そともも

もものうち、外側にある部分で、よく運動する部位になります。
ばらと同様、角切りにすることも、薄切りにすることもできる万能性に優れた部位になります。

 

ランプ

腰からももにかけての部位になります。
ももに次ぐ脂肪分の少なさといった特徴がありますが、肉質はやわらかめで肉本来の味を楽しむこともできるので、
ステーキやしゃぶしゃぶ、焼肉といったどんな料理にも適している部位になります。

 

ヒレ

サーロインの内側に位置しており、牛一頭から全重量のうちの3%ほどしかとれない大変貴重な部位になります。
脂肪分が少なく、最もやわらかい部位ではありますが、長時間煮込むと型崩れを起こしてしまうため、ステーキに適した部位ということができます。

 

関連記事:牛ホルモンの部位についての詳しく解説