常陸牛について

茨城が誇る常陸牛の人気が上昇中

burandogyu

関東のブランド牛で今勢いがあるのは、茨城の「常陸牛(ひたちぎゅう)」です。常陸牛の生産頭数は年々順調に増加していて、人気がどんどん高まってきています。

 

常陸牛は間違いなく高級肉に含まれる部類で、その品質は折り紙付きです。基準はA級及びB級の4等級以上となっていますので、その基準の高さから質の良さがヒシヒシとうかがえます。

 

選び抜かれた良質の牛だけが常陸牛と認定されますので、生産者自慢の牛肉ということになります。これだけの常陸牛を生み出せるのは、生産者の方の尽力の賜物です。

 

栄養満点の飼料を用意するのはもちろんのこと、牛がしっかりと成長していけるような体制を確立しなければいけません。

 

そうでなければ厳しい基準を超えて常陸牛に認定されませんので、生産者の方の気持ちがこもっています。
そして、そんな気骨あふれる生産者が常陸牛を多数生産していますので、その勢いはピカ一です。

 

 

常陸牛の調理法・料理

 

また、この常陸牛ですが、牛肉全般のさまざまな料理に用いることができます。
すき焼きやしゃぶしゃぶなどの定番料理だけではなく、ビーフシチューやステーキやハンバーグなどの洋食にも用いられます。

 

柔らかさと旨味がしっかりと詰まっている常陸牛は、丹精を込めて調理すればするほどおいしさが引き出されます。それだけにプロの料理人が食材として注目しており、常陸牛を生産している地域の飲食店でももちろん料理が提供されています。

 

そのように地産地消でおいしいブランド牛が食べられるのですから、町おこしの意味合いも含まれているといえます。茨城全体で常陸牛を盛り上げていこうという機運が高まっていますし、茨城の新たなグルメとして定着しつつあるのは間違いないです。

 

また、豊かな風味をただよわせていることと食感が柔らかいことから、常陸牛をギフトとして大切な人にプレゼントするということもできます。普段普通に生活していては手に入れる機会の少ない常陸牛がギフトとしてプレゼントされたら、プレゼントされたほうが喜ぶに違いありません。
ただでさえ質の良い牛肉はご馳走ですし、子どもから大人まで関係なく喜んでもらえます。

 

特に冬で寒くなってくると常陸牛を使ったすき焼きやしゃぶしゃぶが美味しくなりますので、場合によってはお歳暮として贈られることもあります。肉が好きな人なら、無条件で気に入ってくれるはずです。

 

今は全国各地にいろいろなブランド牛があふれていますが、この常陸牛は勢いがあって人気は高まってきています。ですので、今、常陸牛がとても強い存在感を放っています。

 

美味しいブランド牛を通販するならこちら⇒ おすすめ牛肉通販ランキング!美味しい牛肉をお取り寄せ