ホルモン 部位

牛ホルモンの部位についての詳しく解説

意外と知らない、知って得する牛のホルモンの部位について詳しく解説します。
これであなたは、ホルモン博士。ぜひ焼肉屋などで自慢しましょう。(笑)

 

ホルモン部位

 

タン

牛の舌にあたる部位で、先端の部分は硬く、つけ根の部分は霜降り状でやわらかいといった特徴があります。
薄くスライスして、焼肉として使用したり、牛タンシチューやステーキ等の料理に使用される部位になります。

 

ハツ

牛の心臓に当たる部位で、くせがなく、こりこりとした食感が楽しめる部位になります。
串焼きに使用されることが多い部位になります。

 

レバー

牛の肝臓にあたる部位で、独特の臭みがあります。
ビタミンAやB1、B2、鉄等の栄養が豊富に含まれており、パテにしたり、レバ刺しとしてお店では提供されています。

 

マメ

牛の腎臓にあたる部位で、形が豆に似ていることから、この名で呼ばれています。
炒め物やスープ等に利用されることの多い部位になります。

 

ハラミ

牛の横隔膜にあたる部位で、肉質がやわらかく、適度に脂肪を含んでいるため、焼肉用に使用されることの多い部位になります。

 

ミノ

牛の第一胃にあたる部位で、別名ガツとも呼ばれています。
切り込みを入れると蓑笠のような形になることからこの名で呼ばれています。
肉厚で、色が白く、焼肉やもつ煮等で使用されることの多い部位になります。

 

ハチノス

牛の第二胃にあたる部位で、見た目が蜂の巣状になっているため、この名で呼ばれています。
もつ煮等で使用されることの多い部位になります。

 

センマイ

牛の第三胃にあたる部位で、灰色の布を何枚も重ねたような膜があることから、この名で呼ばれています。
くせや脂肪分が少なく、レバーより鉄分が多い特徴を持っている部位になります。
煮込み料理や炒め物として使用されることの多い部位になります。

 

ヒモ

牛の小腸にあたる部位で、広げた時に紐のように長いことから、この名で呼ばれています。
もつ焼きとして焼肉屋さんでは提供されています。

 

シマチョウ

牛の大腸にあたる部位で、別名テッチャンとも呼ばれています。
ヒモと同じく、もつ焼きとして焼肉屋さんでは提供されています。

 

テッポウ

牛の直腸にあたる部位で、形が拳銃のように見えることからこの名で呼ばれています。
炒め物や煮込み料理等に利用されることの多い部位になります。

 

テール

牛の尾にあたる部位で、コラーゲンを多く含んでいます。
長時間煮込む料理に適しており、シチューやスープ等に使用されることの多い部位になります。

 

 

関連記事:牛肉の部位について解説。部位を知ればより美味しい