伊賀牛とは

伊賀牛の基礎知識や味わいなど

伊賀牛は、そのほとんどが地元で消費されるので、出回ることの少ない希少な牛肉。
その肉の旨味は、肉の横綱とよばれているほど。

 

伊賀牛とは、三重県の伊賀地方で飼育された黒毛和種のブランド牛
伊賀牛の称号は、管内の生産農家が、昔ながらの肥育方法で丹精込めて作り上げた黒毛和種のメス牛だけに与えられます。

 

生産農家が肉骨粉を一切与えないで、麦などの穀物や稲わらなどを与えて育った健康な肉牛です。
国等の指導による健康チェックおいて異常なしとされています。

 

伊賀牛の発祥は、兵庫県但馬地方より種牝牛10数頭を購入し伊賀牛の畜産が始まったとされている。
江戸時代には、伊賀忍者の戦時食・非常食として、伊賀牛の干し肉を食べていたと伝えられています。
この干肉こそ、伊賀牛の元祖といえるでしょう。

 

 

伊賀牛の味わいは

 

めったに出回ることのない伊賀牛ですが、味わいも格別であると人気の高い。
松坂牛や神戸牛と比べても負けないくらい上質の牛肉で、霜降りも繊細でとろけるような味わいです。
その芳醇な香りと鮮やかな霜降り具合、柔らかな肉質はまさに肉の横綱です。

 

 

肉丸の伊賀牛チェック!

肉丸2

私、肉丸も一度三重県に旅行に行った歳に伊賀牛をいただきました。
観光・遊びのスポットである「もくもくファーム」と「忍者祭り」に家族で参加してきました。

 

せっかく三重県の伊賀に来たのだからと、伊賀牛を食べないわけにはいかない!そう思い、伊賀牛を使ったすき焼き屋に行きました。

 

伊賀牛は、とても霜降りがキレイに入っており、口に入れた瞬間とろけるような肉の味わいでした。牛肉本来の味もしっかりしており、とても満足行くものでした。

 

伊賀牛を地元だけで消費しておくのはもったいない、全国にもっと認知されればよいブランド牛であると感じましたね。ぜひ機会があれば伊賀牛をご賞味いただきたいと思います。