いけだ牛 特徴

北海道は池田町「いけだ牛」の特徴

ushi

 

たとえ全国的な知名度があるわけではなくても、国内で良質なブランド牛を生産している地域は多々あります。

 

有名ブランド牛は確かに興味をそそられやすいですが、それほど有名ではないブランド牛にあえて目をつけてみると牛肉の新たな価値に気付けるかもしれません。

 

そんな地域特有のブランド牛として紹介したいのが、北海道の池田町で生産されている「いけだ牛」についてです。

 

 

いけだ牛とは?

 

いけだ牛は、池田町で生産されているブランド牛です。生産には徹底的にこだわっていて、とても質が高いブランドとして地域の活性化に役立っています。
いけだ牛が出荷されるまではおおよそ2年程度ですが、それまでの飼育にはかなりの手間がかけられています。

 

栄養価が高い牧草を使ったりするのはもちろんのこと、牛たちが歓喜して食べるような飼料を与えるよう綿密な工夫が施されています。これによりたっぷりと餌を食べ続けることができるいけだ牛は、他のブランド牛にも負けない質を誇っています。
そのためには食欲が落ちてしまわないように、牛のストレスを軽減させる努力をスタッフが怠っていません。

 

牛が1頭育つまでには長い時間がかかりますので、並大抵の苦労ではないはずです。
しかし、そうして手塩にかけて飼育するからこそ、立派ないけだ牛が出荷されるのです。

 

 

いけだ牛の味わいとは

 

そうして手を尽くされながら育ったいけだ牛は、余計な脂肪があまりないのでとても健康的な牛肉として知られています。時代は完全な健康志向ですので、いかに牛肉を食べるとしても健康的でなければ好まれません。
その点余計な脂肪がないいけだ牛は健康志向の人にも好まれやすい牛肉と言えます。

 

また、ただ健康的なだけではありません。
もちろん味についてもお墨付きで、特にそのふんわりとした食感は食べた人に満足感を与えます。
健康的でありながら味もしっかりしていて、そういうところがグルメからの支持を得ています。

 

北海道は食の宝庫として知られていますが、それは牛の生産においても当てはまります。

 

ブランド牛は各地域で生産されていますので、それらを目当てにして北海道旅行へ行くのも良いかもしれません。
その中の一つとして今回紹介したのがいけだ牛ですが、こちらも北海道のブランド牛の中では人気が高いです。

 

日本全国にブランド牛はありますが、それらの中で全国的な知名度を誇るのはほんの一握りです。
ですが、今回紹介したいけだ牛のようにマニアなら目をつけているブランド牛はありますので、食の新境地を開拓する余地はまだまだ十分あります。

 

人気記事:人気のブランド牛肉を肉丸が勝手にランキング