国産牛 和牛 違い

国産牛と和牛の違いをご存知ですか?

oniku

 

牛肉と言えば、松坂牛などと言った国産牛とオージービーフなどと言った輸入の外国産牛と言った2パターンしかないと思っていませんか?
実は、同じ国産の牛肉でも、国産牛和牛では大きな違いがあり、実際、購入する際は、どちらなのか確認してから購入しなければいけません。

 

実際、スーパーなどの精肉店で牛肉を確認すると国産牛と明記しているものと和牛と明記しているものがあります。
では、実際、国産牛と和牛にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

和牛とは

 

まず、和牛と言うものは、国産と言う意味ではなく、「和牛」というのは品種名だという点です。
もちろん、和牛は国産牛の為、和牛すべてを国産牛と考えて間違いはありません。

 

ただし、あくまでも、和牛は品種名なのです。
そんな和牛は、明治以前から日本で飼われてきた肉専用種となっており、和牛と表示する事ができるのは、黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4品種のみとなっています。
また、和牛の9割が黒毛和牛となっています。
詳しくはこちら:和牛について詳しく知ろう。和牛の種類や味わいなど

 

国産牛とは

 

一方、国産牛とは、一般的に国内で育てられた和牛以外の肉用種、乳牛(ホルスタイン)と和牛をかけ合わせた交雑種、乳の出なくなった廃乳牛、乳用種の雄などを指します。
このことからもわかるように国内で育てられた牛全般を国産牛と呼んでいると言う事がわかるかと思います。

 

ただ、ここで注意が必要なのが海外で生まれ育った牛でも国内での飼育期間が長くなれば、国産牛と言う事ができる点です。
その為、国産牛のすべてが、日本国内で生まれ育っている牛ではないと言う事が言えるのです。

 

 

和牛を購入する時の注意点

 

以上が国産牛と和牛の違いとなります。実際、スーパーなどで和牛を購入したいと思う場合は、必ず和牛と表記されているものを選ぶ事をお勧めします。

 

和牛の方が価値のある牛肉になっている為、和牛であるなら必ず大きく明記されているはずです。

 

ただし、国産牛の中で販売されている和牛は40%ほどとなっています。
その事からどれほど価値が高いものかと言う事がわかるかと思います。

 

そんな和牛の中には、日本が誇る和牛である松阪牛・近江牛・米沢牛・神戸ビーフが含まれます。

 

ただし、同じように地名の付いた牛肉でも必ずしも和牛であると言う事ではなく、十勝牛などの場合、和牛ではなくブランド牛になっている為、注意が必要です。

 

このように一見同じように見える国産牛と和牛には大きな違いがあり、購入する際には、注意して確認する事が必要だと言えるのです。

 

その為には、まず、この両者の違いを把握していく事が重要です。

 

美味しい和牛を通販するならこちら⇒ 美味しい牛肉はどこで通販すればいいの?