前沢牛について

岩手県が誇る「前沢牛」その定義と味わい

全国でもトップクラスのブランド牛と人気の前沢牛
前沢牛とは、岩手県奥州市前沢区で肥育された黒毛和種の和牛のことで、一定の規格・定義を満たしたブランド牛肉。JA岩手ふるさと(岩手ふるさと農業協同組合)の登録商標となっています。

 

岩手県奥州市前沢区は、緑豊かな大地であり、豊かな水や気候が良質な牛を飼育するのに適した環境。
干草や穀類を飼料として与えて、ストレスをかけない環境づくり考えられいます。
また、1頭1頭をスタッフの愛情で飼育されることで最高の松坂牛を食べれます。

 

前沢牛と名乗るには下記の定義があります。

前沢牛の定義
  • 牛の品種が、黒毛和種であること。
  • 全国和牛登録協会発行の子牛登記証、または、これに準ずる証明書等により出生地が確認できるもの。
  • 牛の肥育期間は、生産者が1年以上飼養した牛。
  • 出生から屠畜までの期間内において前沢区内の飼養期間が最長であり、かつ最終飼養地であること。
  • 生産者は、牛の個体識別のための情報の管理と伝達に関する特別措置法の趣旨を遵守すること。素牛導入、飼養管理状況について記録して確認できる状況であること。
  • 格付基準は、社団法人日本食肉格付協会の定める肉質等級は「4」以上で、歩留等級が「A」か「B」であること。

 

 

気になる前沢牛の味わい

 

前沢牛の味わいは、きめ細かな霜降りと肉質の柔らかさです。
口に入れた瞬間、脂身がとろけだして旨味が口いっぱいに広がります。

 

前沢牛は、焼いたときの香りも素晴らしく、味、見た目、だけでなく香りも楽しめます。
まさに「味の芸術品」と形容されるほどの味わい。

 

ステーキや焼肉など、どの食べ方でも美味しくいただける前沢牛。
とろけるような霜降りが素晴らしいので、私はしゃぶしゃぶすき焼きをおすすめします。