和牛について

和牛について詳しく知ろう。和牛の種類や味わいなど

wagyu

 

和牛について詳しくなると、焼肉屋さんに行った時や、スーパーで牛肉を購入する時に楽しく買い物ができます。和牛は、外国産牛や国産牛と比べると品質も良く美味しいと人気があります。

 

今回は和牛に指定されている4種類の和牛の品種の特徴を紹介します。
和牛に指定されている牛の種類は4種類しかありません。すぐに覚えることができますので、知っておくと便利です。

 

4種類の和牛の特徴

 

黒毛和種(くろげわしゅ)

 

まず和牛の中で9割以上を占めているのが「黒毛和種(くろげわしゅ)」です。
有名なブランド牛として神戸牛松坂牛などを思い浮かべることができますが、これらのブランド牛はほぼすべて黒毛和種です。

 

黒毛和種は日本全国で飼育されていて、合計で160万頭程度の規模を誇っています。

 

褐色を帯びた黒毛のルックスが特徴的な牛です。
肉中としてベストといえるような遺伝子質を持っていて、高級和牛の代名詞「サシ」が見られる肉質を持っています。サシは霜降りとも表現されていて、白いマーブル上の脂肪が赤身肉に混ぜられている状態です。

 

肉の脂肪の美味しさを味わえる和牛を食べたいなら、黒毛和種を食べるしかないでしょう。
「口に入れた瞬間に溶ける」「肉汁が下の上で踊る」などと表現される美味しさは、日本国民だけでなく、肉好きの世界中の人々から愛されています。

 

褐毛和種(あかげわしゅ)

 

黒毛和種の次に飼育数が多いのが「褐毛和種(あかげわしゅ)」です。
黄褐色のボディで角が生えているという特徴があります。

 

赤身が多くヘルシーなイメージがあるため、健康志向の強い肉好きから支持されています。
また性格がおとなしいので飼育しやすいという特徴もあります。

 

日本短角種(にほんたんかくしゅ)

 

3番目に飼育数が多いのが「日本短角種(にほんたんかくしゅ)」で、東北や北海道を中心に飼育されています。
その理由は寒さに強い品種で、丈夫で育ちが良いためです。
生産コストが低く済む放牧中心の飼育で生産可能なことも飼育の理由になっています。

 

無角和種(むかくわしゅ)

 

最後が「無角和種(むかくわしゅ)」です。角がなく、もっとも黒味を帯びたボディをもった品種です。
赤身が多い肉質のため、ヘルシー志向が強まると無角和種の人気が高くなるという傾向があります。

 

和牛についてまとめ

 

和牛といえば「黒毛和種」のことで、全国各地の地域の名前を冠したブランド牛のほぼすべてが、黒毛和種だということが分かっていただけたと思います。

 

美味しい和牛を食べたい時は、基本的に黒毛和種をオーダーすれば間違いありません。
機会がありましたら、その他の品種と食べ比べをして味の違いを実際に確認してみてはいかがでしょうか。

 

和牛で人気の松坂牛や神戸牛、米沢牛などを通販するならこちら⇒ おすすめ牛肉通販ランキング!美味しい牛肉をお取り寄せ