硬い牛肉 柔らかくする方法

安くて硬い牛肉は工夫で柔らかくなります

nikumaru2

食べれば満足感と共にエネルギーを生んでくれる食材が、肉です。

一言で肉といっても鳥や豚や牛やと種類もあり、また部位によってもその美味しさや硬さ脂ののりなども全然違ってきます。

 

その中でも金額が高くなるのが牛肉です。日本にも色々なブランド牛肉があり、お祝いの時の食事や贈答品として贈られたりします。

 

牛肉を贈答品で頂いた時には大抵高級牛肉なので美味しさは保障されているようなものですが、スーパーで安い牛肉を買った時、または実家から持って帰りなさいと頂いたときなど、どうするでしょうか。

 

安い肉が硬くて美味しくないのは、脂肪や酵素がないからとされています。硬さをごまかすためにスーパーでは薄く切って売られていますが、これを何とか工夫して自宅で美味しい肉を食べたい時、色んな方法があります。

 

硬いお肉を柔らかくしたいならぜひ試してみてください。

 

脂肪を足す方法

 

お肉に脂肪が少ない安い牛肉は、硬いものです。
薄く切られていれば煮込み料理などに使えますが、それをステーキなどにして食べたい場合、足りない脂を足すことで柔らかくすることが出来ます。

 

まずは、牛肉を買う時に一緒に牛脂を貰っておきましょう。これが脂です。
硬い牛肉にフォークや爪楊枝などを全体的に刺し、小さな穴をあけておきます。

 

そこに手に入れてきた牛脂を潰したものを塗りこみましょう。
薄く表面に塗るだけで大丈夫です。

 

そしてラップに一枚ずつ包んだら、冷蔵庫で寝かせましょう。
時間がなければ1時間ほどでも構いませんが、余裕があれば一晩寝かせるとよく馴染みます。

 

肉を焼く直前にはキッチンペーパーなどで表面の牛脂をふき取ります。
これで食べる時にはびっくりするほど柔らかくなるのです。

 

 

酵素を足す方法

 

酵素は肉を柔らかくする効果があり、それが不足している肉は硬いといわれています。
ですから酵素を足すことで、肉を柔らかくするのです。

 

酵素は果物や塩麹などにたくさん含まれますから、それに漬けるのがおすすめです。
フルーツはすりおろして液状にし、それに肉を10分ほど漬け込むのですが、手間が結構かかる上に果物は高いので遠慮したいという方は、塩麹がおすすめです。

 

これは塩味なので下味にもなってステーキなどそのまま焼くメニューにはもってこいです。

 

塩麹に漬けるのは30分ほどで十分です。あまり長い時間漬け込むと柔らかくなりすぎて、それはそれで美味しくなくなりますから調理をする日に下ごしらえとして漬けてみましょう。

 

塩麹は手に入りやすく価格も安いのでおすすめです。